会社勤めで失うもの

なぜそんなに働くの?

銀狐先生
さっきも帰り道でぼやいてましたけど、お仕事忙しそうですね
ゆかり
忙しいなんてもんじゃないわ、死にそうよ
毎日つまんない仕事を言いつけられて、定時になってから夕飯買いに行ってまた仕事!
銀狐先生
これからもずっと、ですか?
ゆかり
今はまだ若手だもの、偉くなれば…
銀狐先生
楽になりますか?
ゆかり

ポイント

  • 会社員は偉くなっても楽にはなりません。仕事と責任が増すだけです
  • 会社員だけが生きる道ではありません
  • 会社に縛られない自由な生き方を考えてみませんか?

会社員の人生は短い

「社畜」という言葉が1990年の流行語になりました。それから30年ほど経ちますが、この言葉はもう流行語ではなく人々の生活に定着してしまいました。とても残念なことです。

多くの人は会社に自分の人生の時間を捧げすぎているようです。
極端な例えですが、もし自分があと1年しか生きられないとしたら会社で残業をするでしょうか?

人は元気なときや若いときには自分の残り時間を意識しません。
「人間は必ず死ぬ」ということは当然のこととして理解していても、それが自分に訪れるのはずーーーっと先だと思っています。

人生は有限であるという事実は、普段意識することができないほど極端に薄められているのです。

ゆかり
平日は毎日忙しくて、家に帰ってきたら死んだように寝ちゃう
とにかく早く週末が来ないかなって切望してるわ
銀狐先生
それじゃあ1週間のうち5日は死んでるようなもんですね
ゆかり
つまり人生の5/7が死んでるってこと?

退職者へのアンケート結果では、自分や家族に時間をつかえなかったことの後悔が見えてきます。

「仕事と人間関係」の後悔トップ20を見ていると、ある傾向が浮かんでくる。どうやら回答者たちは「仕事ばかりして、家族や友達との交流が少なかった」と思っているようなのだ。

出典元:PRESIDENT Online

退職後の後悔は「仕事ばかりして、家族や友達との交流が少なかった」という傾向があるようです。
上記の調査で後悔の1位となっている「一生続けられる趣味を見つければ良かった」というのも趣味にかける時間がなかったことの裏返しでしょう。

では、なぜ自分や家族の時間を犠牲にしてまで仕事をしているのでしょうか?
こちらについても別の調査を引用したいと思います。

「働く理由」について伺うと、すべての年代で「収入」に関する回答にもっともポイントが集まりました。20代では『生活費と趣味の費用を稼ぐため』『奨学金返済』といった経済的自立のために、30代以上では、『家族が幸せに暮せるように』『家族との楽しい人生を歩むため』など家族のために収入が必要と回答した方が多くなっています。

出典元:エン転職

もちろん今の仕事がずっと夢だったという人や、仕事が好きでやりがいを感じているという人もいます。
ですが、上記の調査結果を見る限り、大部分の方は仕事は自分や家族が食べていくためと考えているようです。

家族のために必死で働いていても、家族と過ごす時間がない、なんだか悲しいと思いませんか。

今の働き方を見つめ直してみましょう

もしあなたが会社で定年まで辛抱して勤め上げ、退職した後に「もっと自分や家族と過ごすために時間を使えばよかった」と後悔しても、そのときすでに残り時間は多くありません。
まだ若い働き盛りの今だからこそ、今の、そしてこれからのあなたの働き方をよく考えてみてほしいのです。

不安やわからないことがたくさんあると思います。しかし解決法は必ずあると思います。
このサイトがあなたの悩みに対して少しでも解決策を提示することができれば幸いです。

ゆかり
(…私は本当にこのままでいいのかなぁ…)