サラリーマンはふるさと納税の仕組みを知って得をする!

ふるさと納税っておトク?

ゆかり
銀狐せんせー、ふるさと納税がお得って聞いたんだけどどうやればできるんですか?
銀狐先生
さすがお得なことには耳が早いですね
ゆかり
私は栃木県が故郷なんですけど、栃木に少し余分に税金を納めると豪華景品がもらえるんですね♪
銀狐先生
全然違います
銀狐先生
全然違います
ゆかり
2回言わなくても…

皆さんも「ふるさと納税」という言葉は聞いたことがあるのではないでしょうか?
インテージリサーチが実施した『ふるさと納税に関するアンケート』によると、98%の人が「ふるさと納税」を知っているにも関わらず、実際にふるさと納税をしたことがある人は10%程度となっています。

多くの人が知っているにもかかわらず実際にやったことがある人が少ないふるさと納税とは一体どんな制度なのでしょうか?

銀狐先生
この記事ではそんなふるさと納税のキホンをお伝えします
  • ふるさと納税は自己負担2000円で全国各地の特産品がいろいろ貰えるとってもおトクな制度です
  • おトクに納税するには上限額があるので事前にしっかり確認しましょう

 

ふるさと納税とはどんな制度?

始めにふるさと納税の概略を説明します。

ふるさと納税のイメージ図

1. あなたは、インターネットのふるさと納税サイトからご自分の好きな地方自治体を選んで寄付をします。自分の生まれ故郷である必要はありません。好きな自治体でOKです。
例えば10000円寄付をします。

ふるさと納税を行うことができるサイトはいくつかありますが、以下のようなサイトを利用するといいでしょう。

ふるさとチョイス

さとふる

2. 寄付をもらった自治体は、あなたに寄付のお礼として特産品などの品を贈ってくれます。
例えば、5000円相当のお米がもらえます。

ゆかり
…ん?10000円寄付したのにお礼は5000円じゃ損してない?
銀狐先生
大丈夫、この後が重要です

3. 寄付をしたことを「申請」すると、翌年の所得税・住民税が寄付金に応じて安くなります
所得税・住民税を地方に前払いしたと考えてもいいと思います。

具体的には【寄付金-2000円】だけ安くなります。
この例ですと、税金が8000円安くなります。

まとめると、あなたは2000円払って、5000円相当の品物がもらえたので、3000円トクしたということですね。

銀狐先生
所得税や住民税を納めてもお礼の品なんてもらえませんよね。ふるさと納税をすると、この返礼の分だけお得ということになるのです。
なぜ自己負担は2000円なのか
ふるさと納税は寄付金控除という制度を利用しています。
この制度は、国や公共団体に一定額以上の寄付を行った場合、その人の所得税から【寄付金額-一定額】分だけ差し引くという制度です。

この一定額というのが、自己負担分の2000円です。
つまり2000円以上の寄付でないと控除の対象にはならないということです。なぜこのように最低額を設けているかというと、例えば「赤い羽根募金に500円寄附したから税金の控除をしてくれ」となると、申請の数が多くなりすぎてしまい、役所の手続きが大変になってしまいます。それではコストに見合わないので2000円という最低額を設けています。

ふるさと納税には上限額がある

ゆかり
じゃあ、所得税・住民税の分は全部ふるさと納税にします!
銀狐先生
残念ながらそういうわけにはいかないんです…

ふるさと納税が適用される寄付金額には上限が設けられていることに注意が必要です。

この上限額は所得の額に応じて決まります。
上限額をオーバーして寄付した場合、オーバーした分は控除されず、純粋な寄付金になってしまいますので注意が必要です。

下記のサイトで目安を算出することができますので、確認してください。
あまりギリギリを攻めずに少し余裕を見ておくと良いでしょう。

「ふるさと納税」還付・控除限度額計算シミュレーション

ふるさと納税を活用しよう

ふるさと納税がどのような制度かおわかりいただけたでしょうか?

納税者にとって大きなメリットのある制度ですのでぜひ積極的に活用していきましょう。

ゆかり
なるほど、ふるさと納税をだいぶ勘違いしてました
銀狐先生
ちなみにゆかりさんはどんな返礼品が欲しいんですか?
ゆかり
私はやっぱり に・ほ・ん・しゅ!
銀狐先生
飲み過ぎに注意してくださいね