会社の飲み会に行きたくない…上手な断り方をマスターしよう

会社の飲み会は時間の無駄?

ゆかり
会社の飲み会ってホントにムダよね!
お金もムダだし、時間もムダ!
上司もいるから気をつかうし
銀狐探偵
会社の飲み会には行きたくないという人、あなたの周りにいませんか?もしかするとその飲み会は「時間ドロボー」かもしれません

今回の時間ドロボー
会社の飲み会イメージ

今はもう死語ですが、昔は「飲みニケーション」という言葉がありました。

「(酒の)飲み」と「コミュニケーション」の合成語で、酒の力や勢いを借りて仕事仲間との親睦を深めることを目的とする飲み会のことです。

酒が嫌いな人もいますし、仕事が終わった後にまで上司や同僚とコミュニケーションを取りたくない人もいるわけですから、はた迷惑な日本文化です。

古臭い慣習ではありますが、ワークライフバランスの重要性が認識されつつある現代でも多くの職場で飲み会が行われているのが現状です。

会社の飲み会は好き?

日本全国サラリーマン実態調査によれば、会社の飲み会について、好き派と嫌い派がほぼ半々となっています。

会社の飲み会アンケート
出典元:日本全国サラリーマン実態調査―職場の飲み会、好きですか?嫌いですか?

ゆかり
会社の飲み会なんてみんな嫌いかと思ってたから意外だわ
飲み会が好きな理由
  • 職場の人の仕事とは違う一面が見れる
  • 親睦や結束が深まる
  • 上司から話を聞けていい勉強の場になる
  • 美味しい物を飲み食いできる
  • わいわいできて盛り上がる
  • 仲良くなると仕事のやり取りもスムーズになる
銀狐探偵
皆の普段とは違った一面が見れるのが楽しい、という意見が多いようです。
このように、会社の飲み会を楽しめる人にとっては、この飲み会も時間ドロボーではないようですね。
飲み会が嫌いな理由
  • 気を使うのが嫌
  • 参加を強制されるのが我慢ならない
  • 仕事の延長戦のような感じ
  • 先輩や上司からは実のない話ばかり聞かされる
  • 仕事の愚痴や人の悪口ばかり
  • 単純にお酒が嫌い
  • 周りのノリについていけない

楽しくもないことに付き合わないといけない、というのが会社の飲み会が嫌いな大きな理由と言えそうです。

サラリーマンは人生の大部分を仕事仲間と過ごします。それなのになぜプライベートの時間まで仕事仲間と酒を飲んで過ごさないといけないのでしょうか?
好き嫌いが半々ということは、飲み会の参加者の半分は嫌々参加しているということです。

銀狐探偵
会社の飲み会に参加することが苦痛な人にとって、会社の飲み会は時間ドロボーと言えますね!

防衛策

会社の飲み会で貴重な時間を浪費しないために一番良いのは飲み会に参加しないことです。

そのためには、波風を立てずにうまく断ることが大切になります。

ここでは、会社の飲み会の上手な断り方と、逆にNGな断り方をご紹介します。

飲み会の上手な断り方

せっかく誘ってくれたのに嘘をついて断るのは心苦しいかもしれませんが、「嘘も方便」ともいいますし、相手に失礼のない断り方であれば気に病む必要はありません。
あなたの時間はあなたの自由なのですから。

ただし、最初に行くと言っておいて飲み会当日にキャンセルするのは極力やめましょう。予約のキャンセル料が発生したり、代理で出席できる人を探したりと、幹事に迷惑が掛かる可能性が高いためです。

上手な断り方の例をみていきましょう。

ゆかり
先約があるので

シンプルですが一番良い手なのが、先約があるから行けないという断り方です。
あまり詮索されるような職場でなければ大抵これで済みます。

本当は行きたいんだけど、先約があるのでしかたないという雰囲気も醸し出せるので角が立ちません。

しかも、飲み会の日付がわかれば、当日に急に誘われた場合でも何週間か後の飲み会のお誘いでもどちらでも使えます。

応用として
「別の飲み会があるんです」
というのも、社交的な感じを出しつつ断れる良い手です。

ただし、本当に飲み会好きだと誤解されると、頻繁に飲みに誘われるようになってしまうので注意が必要です。

ゆかり
家族の体調が悪くて
当日に急に誘われた飲み会を断るのであれば、この理由も良い手です。

家族の体調が悪いので早く帰って看病しないと、と言われてしまうと「お大事に」としか返しようがありません。間違っても「そんなの放っておいて飲み会に来いよ」とは言われません。
家族がいる人にとって最強のワザです。

一人暮らしの人は決して使わないようにしましょう。

ゆかり
歯医者の予約を入れてしまっているので
病院の予約を入れているというのは不可抗力感を出せる言い訳です。
内科の場合「どこか悪いの?」と詮索を受ける可能性もありますが、歯医者の予約くらいにしておくと「ちょっと歯茎が痛くて…」「冷たいものがしみて…」程度のことを言って相手も納得するでしょう。
ゆかり
その日は有休の予定でして
当日のお断りでは使えませんが、あらかじめ飲み会の日付が指定されているなら、その日をいっそ有休にしてしまうのも手です。
ただし、家と職場(飲み会の開催場所)が近い場合、ちょっとだけでも来なよと食い下がられることもあります。
私の中学のときの友人は、このパターンのお誘いがあったらしく、結局休みの日に飲み会に参加したそうです。
「付き合い良すぎ!」などと言われて気を良くしたらしく本人も誇らしげに自慢しておりました…。
ゆかり
実家に帰る予定なので
金曜日など週末の飲み会であれば、「前日の夜から実家に帰るので飲み会に行けない」と断るのもありでしょう。

帰省するときにいつも職場にお土産を持ってくる人の場合、お土産がないので少し不自然になるかもしれません。気をつけてください。

ゆかり
遠くから親戚が来ているので
遠くから親や親戚が来るというのも他人には真偽が確かめづらい言い訳です。

「へえー、遠くってどこなの?」と聞かれて、いくら遠くだからといって「い…インドからです」などと口走ると質問攻めにあうので注意してください。

こんな断り方はNG

逆にNGな断り方というのもあります。

ゆかり
仕事の後まで会社の人たちと過ごしたくありません

このように正直すぎる断り方は問題です。人間関係にひびが入る可能性があるので、たとえ心の中でそう思っていてもストレートに口にしないことです。

ゆかり
安月給なので飲みのお金がないです

あなたが安月給だとすると周りも安月給なはずなのでこれはまずい手です。
「俺も給料同じだけどね…」という気まずい空気になります。

安月給はおいておくとしても、あなたがそこそこの年齢であれば「飲み会参加するお金もない」というのは社会的信用に関わるのでやめた方がいいでしょう。
キャバクラにでもつぎ込んでるのかな?といらぬ誤解を招くかもしれません。

ゆかり
行けたら行きます

友達同士の気軽な飲み会ならいざ知らず、会社の飲み会でこのようにどっちつかずな返答はいけません。

ゆかり
今朝から体調が悪くて…
意外かもしれませんが、体調不良で断るのは3つの理由により、なかなか難しいのが実情です。

1. ずっと先の飲み会には使えない
まず、誘われた当日か、せいぜい翌日の飲み会を断るときにしか使えません。
2週間後の飲み会に対して、「ちょうどその日は体調不良になる予定でして」とは言えません。

2. 体調が悪そうに見えないといけない
そして、体調不良で断るからには、ある程度体調が悪そうに見えないと怪しまれます。
それまで元気イッパイだったのに、飲み会に誘われたら急に体調不良を言い出すのは不自然です。

かといって、いつ誘われても断れるようにと普段から常に脂汗を流してつらそうな顔をしているわけにもいきません。

3. 断りきれない場合も
まれに「アルコールで菌を消毒した方がいいよ」などと返してくるアホもいます。

ゆかり
翌日、早朝からキャンプに出発するので
翌日の早朝から旅行やキャンプに行くので早く帰って寝ないといけない、というのは一見いい理由に見えます。
ですが、この理由はウソを突き通すのが難しくボロが出てしまう可能性が高いのでおすすめできません。

というのも、旅行やキャンプの場合、そこから話題を広がりやすく、詳しい情報を聞きたくなってしまうからです。

旅行の場合、「どこに行くの?」「お土産よろしくね~」などと言われてしまうかもしれません。

キャンプにしておけばお土産をねだられることはないでしょうが、誘ってきた相手がアウトドア好きの場合、どこのキャンプ場なのか、道具は何を持っていくのかなどと根掘り葉掘り聞かれるかもしれませんし、後日「キャンプどうだった?」などと言われたら答えに困ります。

ゆかり
門限があるので

若い女性ならば「良家のお嬢様なのかな」と思ってもらえるかもしれませんが、中年男性がこの言い訳をすると「奥さんの尻にしかれてるんだな…」「いい年なのに親に逆らえないんだな」などと変なレッテルを貼られるだけです。

普段の心構え

ここまではさまざまな「断り方」をご紹介してきました。

飲み会の誘いは突然にやってきます。そのような場合でも上手にお断りできるように、日頃から自分なりの断り方を用意しておきましょう。

突然に誘いを受けると気が動転して「はい、大丈夫です」と返事しがちです。

うまい断り方が出てこない場合、まずは

ゆかり
ちょっと予定を確認してみます

と言って、その場で即答することは避けましょう。
そのあとゆっくりと断る理由を考えればいいのです。

銀狐先生
社畜マインドが強い方は素直なイエスマンが多いので要注意です

断れないときはできるだけ楽しむ

時間の節約という観点からは飲み会に参加しないことがベストですが、どうしても断れない場合もあると思います。

新年会や花見などの飲み会はどうでもいいと思いますが、歓迎会や送別会、プロジェクトの打ち上げなど節目の飲み会は参加しておいた方が良いこともあります。

そのときは、もう覚悟を決めて参加し、少しでも有意義な時間にしましょう。

嫌な人と離れた席につく

せっかくの飲み会ですから楽しく過ごせるために、嫌な上司やめんどくさい同僚と離れた席に着きましょう

このためには、飲み会の店に到着するタイミングが重要です。

後の方に到着するとお偉いさんの隣など、ろくな席が残っていません。かといって一番乗りだと隣に誰が来るかわからないというリスクがあります。

できるだけ中ほどの順番で到着するようにすると、席を選択する余地があるでしょう。

もしも、最初の席選びに失敗した場合、中盤くらいでトイレに立ち、そのまま別の席に移動してしまいましょう。
飲み会は色んな人との交流の場と共通認識されているので、最初から最後まで同じ席にいなくても大丈夫です。

飲み会に時間を盗まれない

飲み会は楽しいはずのものですが、時と場合によっては苦痛の時間にもなります。

もしあなたが会社の飲み会が嫌で仕方ないのであれば、本記事でご紹介した方法も参考にして、今後うまく飲み会と付き合っていけることを願っています。

ゆかり
わたしも今度からはうまく断って無駄な時間を過ごさないようにするわ
銀狐探偵
皆さんもぜひ断り上手になってくださいね♪